電話番号:044-955-1357
新百合ヶ丘駅 南口 徒歩4分

 

川崎市 麻生区 矯正歯科 新百合ヶ丘|矯正歯科タナカクリニック

治療例

院長語ります 矯正歯科タナカクリニックの矯正

叢生(でこぼこ)

第1段階から治療開始 / 8歳 小学校2年生 混合歯列

1.この症例の問題点(叢生)
  • 上下顎ともに顎が小さく狭い
  • 前歯部がでこぼこの歯並び(叢生)

2.この症例の治療方針

  • 第1段階
    顎の拡大(骨格的なアプローチ)
    歯並びを整える
    永久歯のスペースを確保
    取り外しのきく装置を使用
  • 次へ

  • 第2段階
    永久歯列完成後、
    第2段階の治療について再検討します。
3.第1段階の治療結果
治療開始
8歳 0ヶ月
使用期間
3年
使用時間
8~10時間(寝ている時を中心に)
来院の頻度
4ヶ月毎


取り外しのきく装置

  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
4.第2段階の再検討

第2段階の治療は必要なし

第2段階から治療開始 / 20歳 大学生 永久歯列

1.この症例の問題点(叢生)
  • 上下の顎が狭くでこぼこの歯並び

2.この症例の治療方針
  • 抜歯(上下顎左右側第1小臼歯:4本)
  • マルチブラケット装置(固定式)

3.第2段階の治療結果
治療期間
2年 3ヶ月
来院回数
25回
来院の頻度
1ヶ月毎
現在保定期間中
ワイヤー固定


マルチブラケット装置

  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後

上顎前突(出っ歯)

第1段階から治療開始 / 10歳 上顎前突

1.この症例の問題点
  • 出っ歯(顎のズレ)
  • 奥歯の咬み合せズレ(顎のズレ)
  • 口が閉じにくい状態(顎のズレ)
  • 少しでこぼこ(顎が狭い)

顎のズレと奥歯の咬み合わせのズレ

  • 正常
  • 上顎前突

2.この症例の治療方針

  • 第1段階
    下顎を引き出す(骨格的アプローチ)
    上下顎を拡大(骨格的アプローチ)
    取り外しのきく装置を使用
  • 次へ

  • 第2段階
    永久歯列完成後、再検討
3.第1段階の治療結果
装置
マウスピース型装置(取り外しのきく装置)
マウスピース型装置
使用期間
3年6ヶ月
来院頻度
4ヶ月毎

  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
4.第2段階の再検討

第2段階の治療は必要なし

上顎前突 下顎前方移動による変化
  • 治療前

    上顎前突
  • 治療後

    下顎を前方へ移動
顎のズレと側貌の変化
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後

第2段階から治療開始 / 28歳 上顎前突

1.この症例の問題点(上顎前突)
  • 出っ歯(顎のズレ)
  • 奥歯の咬み合わせが(顎のズレ)
2.この症例の治療方針
  • 抜歯(3本)
  • マルチブラケット装置

3.治療結果
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
上顎前突 歯の傾斜と移動による変化
  • 治療前
  • 治療後

下顎前突(反対咬合)

第1段階から治療開始 / 9歳 反対咬合

1.この症例の問題点(上顎前突)
  • 反対咬合(上顎前歯の傾き

2.第1段階の治療方針
  • 上顎前歯を前方に傾斜
  • 取り外しもきく装置
  • ブラケット装置
3.第1段階の治療結果
  • 取り外しのきく装置 5ヶ月
  • 固定式の装置 11ヶ月
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
4.第2段階の再評価
  • 永久歯列完成まで観察中

下顎前突 歯の傾きに問題があるタイプ
  • 治療前
  • 治療後

第1段階から治療開始 / 9歳 反対咬合

1.この症例の問題点
  • 反対咬合(顎のズレ)
  • 奥歯の咬み合わせにズレ(顎のズレ)
  • 中顔面の陥凹感(顎のズレ)

2.第1段階の治療方針
  • 上顎を引き出す(骨格的アプローチ)
  • フェイシャルマスク装置
3.第1段階の治療結果
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
下顎前突 骨格的アプローチによる変化
  • 治療前
  • 治療後
4.第2段階の再検討

前歯のでこぼこは残っています。
第2段階の治療が必要です。

第2段階から治療開始 / 38歳 反対咬合

1.下顎前突の治療方針
  • 抜歯(上下顎左右側第1小臼歯:4本)
  • マルチブラケット装置 2年5ヶ月

  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後
下顎前突 歯の傾斜と移動による変化
  • 治療前
  • 治療後

第1段階から治療開始 / 9歳 顎の左右のズレ

  • 顎が左側偏位
  • 左側の交叉咬合
  • 顔の変形

  • 治療前
  • 次へ
  • 治療後

第2段階から治療開始 / 20歳 顎の左右のズレ

  • 下顎左側偏位(顎のズレ)
  • 正貌非対称
  • 外科矯正(下顎前突のため)

PAGE TOP